本日2021年5月18日、「東方ダンマクカグラ」公式Twitterアカウントより豊聡耳神子のキャラクター画像が紹介されました。
これでTwitterでのキャラクター紹介は19人目となります。



キャラクター紹介
豊聡耳神子はヒロインやLive2Dの立ち絵、SDキャラのどれも公開されていなかった今回初めて登場が確認された完全初公開のキャラクターとなります。
「東方神霊廟」のキャラクターとしても、(1面ボスの幽々子を除けば)初めての登場確定となりますのでかなりインパクトの強い公開となりました。

では、キャラクター紹介に移りたいと思います。
q19

豊聡耳神子は聖徳王の伝説が全て作り物であると言われ始めた事で幻想郷に転移し復活した聖人であり、初登場は「東方神霊廟」となります。
自己申告制の能力も聖徳太子の逸話として有名な「十人の話を同時に聞くことが出来る程度の能力」となっています。
二つ名は彼女の独自設定から一般の聖徳太子のイメージとは異なり「聖徳道士」など道教の道士や仙人であることが示されたものが多いです。

初登場の「東方神霊廟」では6面ボスとして登場し、ストーリーでは図らずも幻想郷に転移した夢殿大祀廟から復活して自機を迎え撃つことになりました。
その後も弾幕アクション作品の「東方心綺楼」から「東方憑依華」まで通して参戦し活躍したり、「東方求聞口授」では宗教家の一人として対談に参加するなど勢力のトップとしてリーダーシップを発揮している描写も目立ちます。
現在も幻想郷の有力な勢力の一角として彼女率いる神霊廟は活動しているので、書籍などでは定期的に出番は訪れるかと思います。
キャラクター同士のの関係としては、部下である布都や屠自古、道教を自分に授けた青娥、ライバル関係となった聖などとの関係が深く、近年では「東方鬼形獣」で聖徳太子の愛馬が元ネタの早鬼が登場するなど新たな関係性が示唆されるなどもしました。

神子のテーマ曲は「聖徳伝説 ~ True Administrator」となります。
現時点では東方ダンマクカグラにアレンジ曲が収録される予定は発表されていませんが、ラスボスのテーマらしく根強い人気もあるので今後の発表に期待です。