本日2021年5月28日、「東方ダンマクカグラ」公式Twitterアカウントより射命丸文のキャラクター画像が紹介されました。
これでTwitterでのキャラクター紹介は21人目となります。



キャラクター紹介
射命丸文は本作のティザーイラストにも載っているキャラで、PVにも登場していました。
ヒロイン(プレイアブルキャラ)としての登場も確定しています。

では、キャラクター紹介に移りたいと思います。
q21

射命丸文は妖怪の山に住む鴉天狗であり、初登場は書籍の方の「東方文花帖」です。
「風を操る程度の能力」を持ち、使用するスペルカードも風を使ったものが非常に多いです。
二つ名は「伝統の幻想ブン屋」のように職業が新聞記者であることを指しているものか、「里に最も近い天狗」のように天狗であることを指しているものが設定されています。

書籍の「東方文花帖」で実質的な主人公として初登場し、直後の「東方花映塚」に自機キャラの一人として、ゲームの「東方文花帖」では初の小数点STGの単独自機を務めるなど大活躍しました。
その後の「東方風神録」で4ボスとして登場、「東方緋想天」にもプレイアブルキャラとして参戦、「東方地霊殿」でも霊夢の支援キャラを務めるなど立て続けに活躍し続けました。
10年代になった後も「ダブルスポイラー」で再び小数点STGの自機を、「東方文果真報」では再び書籍の主人公を務め、なんと「東方天空璋」では整数STGの自機として抜擢されるなどその活動は近年になっても止まる所を知りません。
それ以外にも新聞記者という扱いやすい設定のおかげで原作漫画などでの登場回数も非常に多く、霊夢と魔理沙を除く東方キャラの中では原作で特に出番の多い部類の一人と言っても過言ではないでしょう。
最新作の「東方虹龍洞」でも彼女の所属先である妖怪の山が舞台として選ばれて待望となる上司も直接登場し、彼女もエンディングに顔を見せていたので文周辺の二次創作も更に盛り上がりそうです。

文のテーマ曲は「風神少女」と「妖怪の山 ~ Mysterious Mountain」になります。
ただ、「東方文花帖」に自機として登場した都合上「東方文花帖」の楽曲も彼女をイメージした曲として扱われてアレンジされることも多く、「東方ダンマクカグラ」にも岸田教団&THE明星ロケッツによる「レトロスペクティブ京都」のボーカルアレンジである「明星ロケット」が文の描き下ろしジャケットイラストとともに収録予定です。
z17